不感症マイナースレット

こんばんは。

ボーカルのeisukeです。

前回書いたブログ。

その中でようやくタイトル決まったよって言ってた曲。

今日はこれについて少し書こうと思います。

ライブ来てくれてる人はそろそろ
「アレか?」って、
分かってくれるかな?(笑)

祝!曲名決定。

「不感症マイナースレット」

これで分かる人はアレ?
って気付く人いますよね?

そうなんです。

何を隠そうマイナースレットはそのまんまです。

オレが大好きなハードコアバンド名から取りました。

ここからは完全に自己満足ブログです...(笑)


MINOR THREAT

1980年にワシントンD.Cで結成されたハードコアバンド。
俗にいうDCハードコアではオレの中では神的バンドです。
この中心人物のイアン・マッケイは後に
Fugaziってバンドを組むのですが、
これがオレの人生を大きく変えた、
エモ・ポストハードコアバンドへの入り口でした。
そこからはこのイアンさんが設立した、
ディスコードレコードのバンドは聞きあさりました。

それで話に戻るんですが、このイアンさん。

マイナースレットで凄い思想を提唱したんです。
それがSxE(ストレートエッジ)という概念。

ある意味とんでもないです(笑)

SxE・・・それは

「喫煙しない」

「麻薬を使用しない」

「アルコールを摂取しない」

「快楽目的のみのセックスをしない」

要するにロックの価値観だった、

「セックス、ドラッグ、ロックンロール」

という思想へのアンチテーゼ。

まぁ批判・反感も多かったやろうけど。

でもこういうアンチ的なパイオニア精神が逆に当時の俺は、
「カッコええな~!」「イカしてるな~!」
っとアホみたいな顔して感銘を受けながら、学校行きながら聴いてました(笑)

本当は好き過ぎるのでその後のFugaziの事とか、まだまだ語りたいけど...
そろそろ退屈すると思うのでこの辺で...(笑)


って事で今回の曲のタイトルをずっと考えていました。

実はこの曲。

初めて4人でその場で「せ~っの!」
って感じでジャムって出来た曲だったんです。

grace periodは殆どがダチにぃが母体になるサウンドを構築して、
それから皆で練って行くって感じなんですが、この曲は久しぶりにラフにジャムって作りました。

だから歌詞もあまり考えずに素直に出たものを言葉にしました。

だけにノンコンセプト...

あとで読み返しても「う~ん...」

って感じで(笑)

一体オレは何が言いたいんや?

みたいな(笑)

それでぼけーっと曲聴いて歌詞眺めてたら、
この曲って要するに一匹狼って言うか...
とっても捻くれていて何にも染まらないぞ!って曲なんです。

もう何も感じない。
もう何も欲さない。
もうそろそろお前らアホか!
もうそろそろオレの番やろ?

みたいな...(笑)

曲の勢いも歌詞もこれって...

イアンさん!

アナタの教えじゃないですか!

って事で迷う事なくマイナースレットを頂いたのでした。

それをみんなに言っても「?」だったけど...
オレの勝手なエゴの趣味を無理矢理押し通して決定!(笑)

でもダチにぃが「不感症」って良くない?

ってアイディアに一同「なるほど~」

それならくっつけちゃえ!

って事で、

「不感症マイナースレット」

ちゃんちゃん♪

って事でここまでしっかり読んでくれたアナタ!

オレはめちゃくちゃ嬉しいです。

今度ライブハウスで握手して下さい。
あのブログ読みましたよ!って言って下さい(笑)

本当に最後まで読んでくれて有難うございました!

20140610a.jpeg

マイナースレットのこのバンT。
超大好きです。
着すぎてボロボロになって捨てました。
また買おうと企んでおります。
マジでイカしてるよな。
ブラックシープ、いぇい~ψ(`∇´)ψ

ほな、また。


eisuke